投稿者アーカイブ: ljc

お寺のコンサート

久々の更新?!です。

いままでも、活動はしていましたが、なかなか HP を更新できていませんでした。
ごめんなさい。

で、今年の秋にコンサートが決定しました。


2012/9/16

場所
専修寺

まだ、詳しいことは決まっていませんが、L.J.C. のほかに、2団体出演されます。
お近くの方はどうぞ~

フラベリック錠

表題の薬について・・・

なぜ、このお話が資料館に投稿させていただいたかというと、
音楽をされる方にとって 【重要】 なことのひとつであることだからです。

フラベリック錠
咳中枢や肺、気管支などに作用し、咳を抑えます。通常、かぜ、気管支炎などにともなう咳症状の改善に用いられます。

問題は、その 副作用
医学的には、口内乾燥、眠気、腹痛、発疹などがあります。
しかし、筆者である私は、この薬を服用したことにより、音程がすべて低く聞こえる という症状に悩まされました。

※ (あー、音程がすべて低く聞こえて気持ち悪い。。これで私も音楽が出来なくなる。。などとも考えてしまった時間もありました。。。。)

 

この薬の副作用で同じような症状が、Web 上でもたくさん掲載されています。
服用を停止すると個人差はありますが、音程は元に戻ります。

 

音楽をされている皆さんの中にもこのような症状にあってしまうかもしれません。
そんなときには、今飲んでいる薬を、確認してみてください。

東日本大震災から 1 年

東日本大震災から 1年。
いろいろなことがあり、防災、原発のあり方についていろいろ議論がされています。
そんな中、私たち個人個人に出来ることは何かと、あらためて考えさせられました。

筆者である、団長は、阪神大震災で被災をしましたが、さまざまな地方からご支援いただき現在に至ります。
特に、筆者自身がの支えとなったのが、被災し、京都へ戻ってきて音楽をまた、はじめることが出来る仲間に出会えたことです。

Brass Ensemble L.J.C. も、創設以来もう 16 年 (2012/3/11 現在)になります。

今もなお、音楽を続けられていられるのは、周りの支え、つながりがあるからだと感謝をしております。
今回は、そんな私たちが、少しでも被災者の方への応援になればと思い、演奏会ではなく、普段の練習のなかで、
「a Song for Japan」 を アップさせていただきました。

それぞれが、家庭、仕事などを持ちプロのように上手に演奏は出来ませんが、少しでもお力になれたらと思っております。

Trombone 四重奏

金管五重奏

金管五重奏+α